6 業務・行動の流れと必要な知識とスキル

ポータルサイトの質の向上

 

ポータルサイトに物件写真やコメントを何気なく

掲載していては、反響は取れません。

 

まして他社と同じ物件も掲載しますので、他社よ

り見劣りしてしまっていてはさらに反響率が悪く

なります。

 

ポータルサイトのスクロールに並ぶ物件一覧の中

から、いかに物件をクリックしてもらえるかが重

要なポイントとなります。

 

ポータルサイトの一覧画面の鮮度を上げるための、

重要なポイントは主に5つあります。

 

 

キャッチコメント

Quoカードプレゼントや、商品、立地訴求、月々

の支払などを記載する。1枠1000円程度なので必

ず追加するようにする。

 

写真

内観・外観の写真を掲載する。鮮度を充実させる

為、反響が無い物件は随時写真を差し替えると良

い。特にスマホ画面では一枚目しか表示されない

為、一枚目の写真は特に重要となる。

 

物件情報

基本的な物件情報を掲載する。

 

スタッフPR(※有料・推奨)

物件の魅力をここで補足としてPRする。プレゼン

ト情報を記載し、駅までの距離や学校スーパーま

での距離などの立地訴求、商品などの補足情報と

して記載すると良い

 

カスタマーサーベイ(※有料・推奨)

アンケートの結果が反映される。店舗としての信用

を上げる為、成約した方のアンケートを実施する。

四つ星以上を目標とする。

 

 

 

やることリストとそのルール

 

ポータルサイトにずっと掲載されている物件は「人

気が無いものだ」という印象をうけやすいため、定

期的に物件を「新着物件」として掲載し、写真を変

える事で反響を獲やすくする。

 

 

鮮度を向上させるためのポイントは主に以下の3点である

 

1.自社媒介を取得し、新着物件を随時サイトに掲載すること。

2.長期間掲載されている物件は上げ直し、新着物件として掲載し直すこと。

3.一覧PVの写真を随時入れ替えて顧客に対して目新しい物件として訴求すること。

 

上記ルールを守ることによって新着表記のタグが付き目立つようになる。

一枚目の写真を入れ替える事で顧客の目に止まりやすくする。

 

【入稿ルール】

入稿するには、必ず入稿のルールとチェック体制を

事前に決めておく必要がある。

 

ルール1

入力担当者と営業は連携して入力する。

入力担当者だけでは現場(物件)の細かいところま

で手が届きにくい。そのため営業がSUUMOを確認

する時間をとる。

 

ルール2

見るポイントを決めて、文章の雛形をを作成する。

物件ごとに文章を決めるのではなく、ポイントご

とに文章の雛形を作成し、1件あたりの時間と1日

に何件出来るか算出する。

 

 

ルール3

毎日更新された情報を共有・確認する。

更新頻度のチェックを行いつつ、買いのお客様に

対してお勧めできる情報を営業が十分理解した状

を目指す。

 

 

一覧の中から、いかに物件をクリックしてもらえ

るかが重要なポイントとなります。

 

一覧画面の質を上げる為に、一覧画面のハイライ

トは必須です。

 

以下の記載された画像が登録されていると「ハイラ

イト機能」で黄色く色づけされ、お客様の目に止

まりやすくなりますので必ず登録しましょう!

 

掲載写真に対するポイント

 

写真を掲載した後は、写真のコメントをきっちり

と記入しましょう。

 

写真では伝わりにくい情報は写真掲載下の文章を

文字情報でしっかりと明記する

 

1行ではなく、2行しっかりと記入すると、見てい

るユーザーも分かりやすい。

 

イベント情報・住宅ローン情報のポイント

 

物件情報の下にイベント情報と住宅ローン情報を

記載する欄があるので必ず埋めましょう。

 

イベント情報ではイベント開催時のみ掲載するの

ではなく、毎日開催しているように見せて掲載す

る。(ずっとイベント情報を載せておく)

住宅ローン情報は月々の支払い額を記入しておく、

顧客が実際に支払うイメージを持ってもらう。

 

詳細ページのポイント

 

詳細ページも可能な限り充実をさせられるように

しましょう。

売主コメントで写真を追加し、特徴ピックアップ

を充実させる。

 

売主コメントを追加することで、写真掲載数が

+7枚出来るので可能な限り追加するようにする。

特徴ピックアップは、可能な限り数を増やして物

件の良さをアピールする。

 

プレゼント情報とパンフレット情報を追加して、

資料請求と来場予約をアピールする。

 

 

※「質」の向上は細かい点が多いので、1物件を完

璧に管理画面で入力し、物件を追加する際はコピ

ーして使用すると効率的です。

 

有料オプションの検討

 

有料のオプションも少額のものは導入していきま

しょう。

 

キャッチコメントを導入・入力して、詳細画面へ

の遷移率を上げましょう。

 

スタッフコメントを導入・入力して、詳細画面へ

の遷移率を上げましょう

 

店舗としての認知度アップ、信頼度アップのため

に以下の2点は追加しましょう。

 

店舗案内企画、カスタマーサーベイの追加

1.店舗案内企画(自社ぺージの追加)

2.カスタマーサーベイ(接客評価)の追加

 

以上のような項目を把握してポータルサイトの

充実を図りますが、実際には操作してみないと

分からないことばかりです。

そのような場合はポータルサイトの担当者やサ

ポートが必ずおりますので、定期的に教育を受

ける事をオススメします。

写真をどう掲載すれば、反響率が上がるかなど

を数値とか使って教えてくれますので、活用す

ることをオススメします


あわせて読みたい