5 ポータルサイト掲載

ポータルサイト掲載

不動産仲介業にとって、ポータルサイトへの掲載

は必須です。

 

ポータルサイトは数あるのですが、なかでも

SUUMOが使い勝手がよく反響もよいので、本サ

イトではSUUMOで掲載を行っていく流れで説明

を行っていきます。

 

ポータルサイトは1つだけ使うのではなく、複数

使うのが基本なのですがどのポータルサイトも

カスタマイズすればするほど、ランニングコスト

が大きくかかってきます。その中でもSUUMOの

媒体は比較的高額になってきます。高額なために

リクルート税(suumoはリクルート社)とも揶揄

されていますがそれだけに不動産仲介業にとって

は避けては通れないネット媒体となっています。

ランニングコストをなるべく下げたいのであれば、

使い勝手の良いSUUMO1社に絞ることをオスス

メします。

 

 

ポータルサイトへの掲載許可

営業をスタートするにあたり、自社物件又は媒

介物件以外は、他社不動産業者へ物件確認書と

いうものを利用し、物件確認を実施します。主

な確認事項は物件の「取引状況」「広告掲載可

否」「ネット掲載可否」です。

 

なかでも「ネット掲載可否」において「ポータ

ルサイトへの掲載許可」をもらうことが非常に

重要になってきます。

「ポータルサイトへの掲載許可」についてはほ

とんどの仲介不動産業者は許可をくれません、

なぜなら他社も同じようにポータルサイトに載

せているからです。

 

ではどのような不動産会社が許可をくれるかと

いうと、それはビルダーになります。

 

全てのビルダーがという訳はいかないのですが、

ある特定のビルダーはポータルサイトの掲載許

可をもらうことが可能です。

またそのようなビルダーは売主となっている場

合が多いので両手が狙えます。

 

ですので必然的に取り扱い件数が多くなる不動

産会社となっていくのです。

 

掲載許可を取る場合は不動産業社ごとにリスト

を作成し一括で確認することで、他不動産業者

の手間を取らせない工夫をしましょう。

 

他不動産との良好な関係づくりは、成功への大

切な一歩となります。

 

 

※後々のトラブル防止のために、掲載物件の確認は必ず書面にて行います。

 

 

ポータルサイト反響獲得の方程式

 

 

 

量×鮮度×質=反響

 

ポータルサイトに掲載される中古戸建、中古マ

ンションや土地の物件数のうち、一定数の以上

の割合を獲得することで反響を獲得する確率が

上がります。

 

 

鮮度

ずっと更新されない物件というだけで買いたい

と思う人が減ってしまいます。物件単体でも新

着情報や物件情報をこまめに更新することで安

定的な反響数を狙う。

掲載される物件情報に、写真や周辺環境などの

情報が掲載されていないだけで格段に反響が下

がってしまうので、十分な情報を掲載しなけれ

ばなりません。

 

 

KPIの管理

 

各移行率

※PVとはページビューのことを、どれぐらい閲覧されているかの数を言います。

一覧PV数

ポータルサイト内でどれだけ表示されるかに注

力する。また掲載物件数に対して確実にPV数が

比例して伸びるようにする。

 

詳細PV

ポータルサイト内でどれだけクリックされるか

に注力する。

 

反響数

いかに問い合わせ数をもらえるかに注力する。

 

目標とするKPI

1.一覧PVから詳細PVの移行率⇒10%

2.詳細PVから問い合わせまでの移行率⇒0.3%

 

各移行率を増やし、反響を獲得するためには以下の3点を向上させる必要がある

1.一覧PV数の向上・・顧客が検索した際に、

何%の割合を自社物件が占めているかがポイ

ント。

これは、自社媒介の数を増やし、ポータルに掲

載する数を増やすしかない。⇒量の向上

 

2.詳細PV数の向上・・一覧ページを見た顧客に

どれだけ詳細ページに誘導できるかがポイント。

オプションを追加するに加えて、物件の「鮮度」

を高めることもポイントとなる。⇒鮮度の向上

 

3.反響の向上・・これは掲載内容の「質」をた

かめることがポイントとなる。⇒質の向上

 

 


あわせて読みたい