4 不動産業態の種類

不動産事業の実態

不動産事業には、実は様々な業態があります。

自社商圏内の住宅不動産マーケットの特徴や、

自社がターゲットとする客層に合わせて、

どの業態に強みを持った店舗にするかを決定する

ことが大事です。

 

 

不動産業態の種類一覧

 

1.売買(売買仲介型、買取再販型)

一般的に土地、建物を売主さんと買主さんを

売買契約をもって仲介する形態をいいます。

仲介業社の中には自社が売主さんから直接買い

入れ販売することも行う業者もありその形態の

ことを「買取再販型」という。

 

2.賃貸仲介

主にアパート、マンション、一軒家等に住みたい

方と貸したい方を賃貸契約をもって仲介する形態

をいいます。

売買仲介に比べ1回の仲介手数料は低くなります

ので収益を上げるには数多くこなすことが重要と

なってきます。

 

3.管理

管理業に関しては宅建登録は必要ありません。

内容としては賃貸物件の家賃の回収、定期清掃

住居者からの水漏れなどのクレーム対応など

大家さんの代わりに入居さんの対応を行います。

 

4.駐車場

コインパーキングや月極契約などの管理もしくは

経営をしている携帯を指します。

自社で土地を保有して貸したり、地主さんからの

依頼により駐車場月極契約などを代行で契約

します。

 

5.分譲

「分譲住宅」「分譲マンション」を販売する業者

のこと。広大な土地をを文筆、戸建建築を分譲も

しくはマンションを建設し分譲する業態のことを

いいます。この業態の業者のことをとそれぞれ

ビルダー、デベロッパーと言われる。

 

6.建築

建物を扱う業者となります。

戸建住宅を建てたり、ビルを建てたりします。

工務店、ハウスメーカー、ビルダー、などが

該当します。

 

 

7.リフォーム

中古物件をリフォームしたうえで販売を行う。

買取仲介型

他社がリフォームした物件を一般媒介物件

として客付け仲介を行う。

買取再販型

自社で中古物件を買い取りリフォームし

客付け再販を行う。利幅が大きいが、資金力、

リフォーム業者とのコネクションが必須。

 


あわせて読みたい