3 買い営業の重要性について

買い営業の重要性

 

買い営業は売買仲介の基本です。

 

不動産仲介業を有利に進めるには自社しか取り扱っ

ていない売り物件を、いかに増やしていくかがカギ

となります。

 

いわゆる売り営業です。

 

ネット媒体では他社との差別化が図れますし、売り

物件を持っていれば他社が客付けしてくれたりもし

ます。

 

売り物件を持っていれば非常に有利に運営を進める

ことができます。

 

しかしながら、売却の担当は購入の一連の流れや基

本的業務を理解していないと売主様に的確なアドバ

イスもできず、そもそも売却の依頼も受けられませ

ん。

 

売却の担当兼務と購入の担当業務を比較すると売却

の方がはるかに難しいのです。

 

不動産売買仲介業の主な収入源は、購入希望のお客

様(買主)の担当を行い、成約時にお支払いいただ

く手数料、売却希望のお客様(売主)の担当を行

い、成約時にお支払いいただく手数料です。

 

よってどちらもできるようにしなくてはなりませ

ん。

買主様を容易に見つける技術があれば専任媒介の売

り物件を持っていた時に、両手で手数料をもらうこ

ともできます。

 

このような場合売り上げに非常に貢献できます。

 

新規開店の場合、まずは買い営業ですべき業務内容をしっかり把握し、実践できるようにすることが優先事項です。

 

そして先行投資した分を早期回収し、次のステップ

に向けた資金を確保するためにも、何よりまず買主

担当業務を把握し、契約を締結できるようにしなく

てはなりません。

 

 

買い顧客の集客からアフタフォローまでの流れ

 

 

準備⇒集客⇒反響⇒接客・案内⇒クロージング⇒アフターフォロー

上記は買い顧客に対しての準備、集客から成約、ア

フターフォローまでの流れを表したものとなります。

 

 

 


あわせて読みたい